政治大学の近くで自分で家を借りてみた!どんな家かちょっとだけ見せるよ!

政治大学の近くで自分で家を借りてみた!どんな家かちょっとだけ見せるよ!

こんにちは、よこゆき(@ltaiwan_)です。

私は中国語全くできないくせに他人との共同生活が嫌で最初から学校近くで家を借りました。ブログにも何度か家を借りる事についての質問があったので、今回は家を借りる方法や値段、どんな場所に住んでいるかをちょっとだけ紹介していきます。

政治大学に通いやすそうなおすすめの地域も紹介しようと思いますので政治大学に興味のある方は参考にしてください。

591を使って台湾で部屋を借りる

591ってはて?という方。

591は台湾ではメジャーなお部屋探しサイトです!私はこのサイトと台湾人の協力を得て部屋を借りました!591の詳しい使い方はこちら

台湾で自分で部屋探しする方法!591の使い方!

 

私が部屋を借りるのに必要だったのは、台湾人の助けとお金だけでした(笑

 

中国語できる方は当然台湾人の助けは必要ないですし、英語が得意な方はfacebookのグループでルームシェアを探す事が可能です。

もちろんお金に余裕のある方は日系の不動産屋を使って探す事も可能です。

 

政治大学の語学センターに9月(秋学期)から通う場合、事務所に行くか、メールで外に部屋を借りたい場合、助けてくれる現地の学生を紹介してくれます!

登録の数日後、日本語のできる学生からメールが来て、部屋探しの相談をすることが可能です。これは秋学期だけのサービスなのか、通年でやっているサービスなのかは不明ですが、現地に知り合いがいない場合大変強い味方になると思います。

 

方法はいろいろあるので自分にあった方法で探すことができます。

 

政治大学付近の家賃相場は?

政治大学の付近は台北市内ですが、結構な田舎かつ学生街なので家賃はそこまで高くはありません。師範大学や台湾大学のある大安區に比べれば5,000円~1万円は安いイメージです。(あくまで主観です)

私の聞いたところによると、風呂トイレ共用の雅房(yafang)のルームシェアタイプなら4,000元(約14,500円)~

個別のトイレ・シャワーがある套房(taofang)の場合6,500元(約23,000円)~可能です。

套房には独立套房と分祖套房があり、違いは独立套房はワンルームタイプのお部屋。分祖套房はシェアハウスタイプですが、個別にシャワートイレがあるといった感じですが、このあたりの区別は結構適当です。

 

この値段は私が実際に聞いた値段なので、もっと安い物件ももしかしたら存在しているかもしれません!これは政治大学から徒歩20分圏内に住んでいる人の家の場合です。

 

私の家は分祖套房月8,000元

私の家は学校(語学センター)から徒歩15分で分祖套房、月8,000元です。このあたりで分祖套房で月8,000円はあまり安いとは言えない部類ですね。しかもルームメイトが5人もいるので(笑)にごして言いましょう、なかなかの物件ですw

ビルの築年数は不明ですが5階建てで、私の部屋は5階です。ちなみにエレベーターは無しです。

部屋はこんな感じです。

この部屋にしたポイントは部屋の明るさと窓の大きさ、そして白基調の綺麗な部屋だったので契約しました。私は2月末に部屋探しをしていましたが、当時部屋が少なく、ほぼ選べる状況になかったので自分で納得して契約しました。今住んで6か月たちましたが、結構気に入ってます(値段以外)

住んでみて特に気に入った点は屋上が自由に使える事でした。実際は他の方が利用してますが、台湾の建物の屋上の所有権は最上階の部屋の持ち主のものです。

この屋上からの景色は結構気に入っていて、角度によっては台北101も見る事ができるんですよ!

さらに台湾で1人暮らしをするのに大切なゴミ収集の時間ですが、1日2回あって便利な点も気に入ってますね。住めば都とはよく言ったものですね。

 

シャワーとトイレも部屋の中にあるので、ルームメイトが何人いても不自由が無いのがいいですね。私は安い雅房も大変魅力的だと思いますけど、やはりシャワーとトイレはあった方が便利だったので今では分祖套房でよかったと考えています。

 

政治大学に通うのに便利な地域は?

政治大学に徒歩で通うと考えて徒歩20分以内の地域を挙げてみます。

当然ながら591などで調べる場合「文山區」を調べる事になります。さらにお薦めなのは「指南路」です。これが台湾國立政治大学の正門が面している道であり、政治大学の住所にもなっている通です。

 

徒歩20分圏内と考えると他にも「秀明路二段」「新光一段」「木新路一段」「木新路二段」「木柵三段」あたりが徒歩20分圏内なのでお薦めです。

しかしこの地域は公館や大安へは30~ほどかかる地域で、都会派の人には向かないように感じます。

仕事と学校を両立させてる方には萬芳医院站周辺や七張站周辺が人気ですね。特に七張は新北市になるので家賃も政治大学周辺と同等程度なのが魅力です。

 

実際この地域から通っているクラスメイトも結構いました。朝8:10分からの授業に参加するにはそれなりに早起きをする必要もありますが、人気の地域に間違いはありません。

政治大学からの距離

政治大学からは台北101の付近に行くのには非常に便利で20分ほどで到着しますが、バスだけで行くと台北駅は1時間、公館駅でも40分ほどかかります。なので市内によく用事のある方は政治大学の付近でなく用のある場所と政治大学の間のどこかに部屋を借りるのが便利なのかな?と考えます。

 

政治大学で勉強に集中したいという場合は、政治大学の付近に家を借りるのは最高だと思います。家賃は安いし、他に出てくのに時間がかかるので、勉強に集中できる、最高の環境ですね。

 

まとめ

政治大学の周辺は師範大学や台湾大学の周辺に比べて比較的安く部屋を借りる事ができます。またバスで20分圏内でMRT(地下鉄)周辺に住む事も出来るので、地図で見て考えるより政治大学は案外便利でお得な立地かもしれません!