台湾で自分で部屋探しする方法!591の使い方!

台湾で自分で部屋探しする方法!591の使い方!

ニーハオ!よこゆき(@ltaiwan_)です。

今回は台湾留学するときに中国語レベル0なのに、自分で部屋を探して借りたので、その方法を紹介したいと思います!私が使ったのは591という台湾人に人気のサイトなのでその使い方を中心に話していきます。

台湾人はみんなこのサイトで部屋探ししてます!

台湾人はみんな591で部屋探してる!591とは?

台湾で部屋探しといえば591!みんなこのサイトで部屋を探しているので、当然部屋の掲載数も多いです!

591ホームページ

なぜこのサイトをみんな使うかというと、台湾にも不動産屋は当然ありますが、不動産屋の物件は「販売物件」のみです。なので台湾のみなさんはこのサイトやfacebookを使って部屋探し、ルームメイト探しをしているんですよ!

余談ですがオフィスや商店に使える物件なんかも借りれます。

 

正式名称は「591房屋交易」と言います。サイトは全て中国語ですが、繁体字なので日本人にはなんとなくわかるはずです。笑

 

私も中国語まったくできない状態でも使う事ができました^^

なので中国語がちょっとしかできなくても、部屋を探す事ができるよう以下で使い方を詳しく説明していきます!

591の使い方

新築物件の購入から、土地の購入までいろいろなメニューがありますが、今回は台北で部屋を借りる場合に関係する部分だけを紹介していきます。

 

 

まずトップページの上のメニューバーから「租屋」を選択します。すると借りたい部屋のタイプを選べますので自分の好きな部屋のタイプを選択してください。

 

おそらくこの3タイプの中から選択する事になります。

・雅房ートイレ風呂キッチンなどが共同のルームシェアタイプの部屋(ベッドスペースは個室)

・分祖套房ー玄関は他の人とシェアですが、部屋の中に風呂とトイレあり

・独立套房ーいわゆるワンルームタイプ

*分祖套房と独立套房は明確に区別されてない場合が多い

*キッチンは無い事が多いので確認が必要

 

部屋の種類を選択すると画面が遷移し、賃貸物件の検索ページになります。

 

 

あとは詳細な検索条件を指定していきます。

まず「位置」をクリックして部屋を借りたい場所を選択します。例えば台北市を選択すると、その後、何區かを選択することができるようになります。區の選択は複数選択が可能です。

 

台北に住む場合は当然「台北市(新北市や桃園市もあり)」。台南なら「台南市」、台中なら「台中市」のように選択してください。例は台北市を選択しています。

 

 

台北市なら駐在員が多いのは[中山區]、師範大学や台湾大学なら[大安區]、家賃が安く政治大学に近い[文山區]などがあります。自分の探したい區を選択してください。

 

次は部屋のタイプの選択ですが、この画面に遷移する前に選択しているので、改めて選択する必要はありません。

 

次は家賃の選択です。自分の考えている予算があれば選択した方が絞り込みができるようになります。選択しないとものすごく高い物件も表示されます。ただし家賃は複数選択ができないので、気に入る部屋が無かった場合はまた変更してください。

 

 

ここまで選択すると画面の下の方の「所有物件」に該当する物件がある程度絞られて表示されますので自分の気になる部屋を選択してください。

 

このように左上には該当の物件数が表示されています。

部屋タイプ、大きさ、階層、部屋の位置、1ヶ月あたりの家賃などはリスティングの状態でも表示されていますので、選択する際の参考になります。

 

右上には並び替えボタンが設置されていますので、さらに自分の気になる順に変更することが可能です。

黙認排序」:更新時間順、部屋の大きさ順など

「刊登時間」:掲載日時順

「坪数」:部屋の広さ(坪)順

「金額」:家賃順

 

部屋情報ページの見方

部屋を選択すると部屋の情報ページに移動します。気になる部分の見方を紹介していきます。

まず最初に見たいのはやっぱり写真じゃないでしょうか?写真は大きな写真の横に他の写真が表示されているので、クリックして観察しましょう。写真があまりにも少なかったり、過度なフォトショがかかっていたりする場合もありますが、とりあえず部屋の条件も見ておいた方が良いでしょう。

 

なのでまず画面の右端の部分と写真の下部に部屋の基本情報を見て見ましょう。項目はこのような感じです。

「租金」:家賃(1か月)

「坪數」:広さ(坪)

「樓層」:階数

「型態/現況」:部屋の形態/現状

 

「押金」:敷金

「管理費」:管理費がかかる場合、その料金

最短租期」:借りる事のできる最短期間

養寵物」:ペット(可以→OK,不可以→NO)

性別要求」:借主の性別への要求

「車位」:駐車場の有無

「開伙」:調理をしても良いかどうか

「身份要求」:借主のステータスへの要求(上班:社会人)

「可遷入日」:入居可能な日時

租金の下に書いてある項目は家賃に含まれる項目です!

よくあるのは、「水費」:水道料金、「瓦斯費」:ガス料金、「電費」:電気料金、「第四台」:ケーブルテレビ料金、「網路」:インターネット料金、「清潔費」:階段など公共スペースの清掃費、「管理費」:管理費(エレベーター、管理人付きの物件のみ)などがあります。

 

電気代以外は家賃に含まれている事が多いです!すごい!!!

ここの項目が多いほどお得という事になります!

 

押金」の項目は兩個月(2か月分)と書かれていたり具体的な金額がかかれていたりします。

 

性別要求」の項目ではよくあるのが、「女生」ですがこの場合女性のみ可能ということです。「男女生皆可」とあれば性別関係なく借りる事が出来ます。

 

最短租期」は基本的には1年、半年や1ヶ月といった部屋もありますが割高になっていたり、また1年の部屋でも割高な家賃でなら好きな期間住むことができるようになっています。これは大家との交渉次第です。

 

「身份要求」は上班は社会人、學生は学生です。上班のみの物件も見かけますが基本的には上班・學生どちらも可能な場合が多いです。

 

さらに下の「房東提供」の項目はイラストつきなので大分わかりやすいですが、だいたい以下のような物になります。

桌子」:机

椅子」:イス

衣櫃」:クローゼット

」:ベッド

熱水器」:温水器

電視」:テレビ

冰箱」:冷蔵庫

冷氣」:クーラー

洗衣機」:洗濯機

網路」:wifi

第四台」:ケーブルテレビ

沙發」:ソファー

天然瓦斯」:ガス熱水器

台湾の家では家具付きが基本です

家賃にどのようなものが含まれているのかしっかり確認しておきたいですね。

 

 

生活交通の項目では近所のスーパーや商店、コンビニの有無や地下鉄やバスの最寄りの駅について書かれています。

 

「屋況說明」の項目では、上記の項目以外に大家さんが自分でお知らせしたい情報を書き込んでいる部分です。よく見かけるのは電気が1メーターいくらか

あとは部屋のアピールポイントとか「換気良好」とか…(笑)

近所のバス停には何番のバスが来る!とかです。

 

この項目が適当な大家さんだと信用できないですね。ちょっとめんどくさがりかな?とか考えてしまいます。この項目が丁寧に書かれていれば、それで大家さんの性格を推し量る事が出来ます!

交通」の部分では家が実際どの位置にあるのかを見る事が出来ます。赤で囲った他の項目を選択すれば、近所にどんな店や施設があるのかを簡単に知ることができます!

一番下の「房屋問答」ですが、大家さんに質問できる掲示板になっていますが、返事が来なかったするので気になる部屋があった場合は画面上部、基本情報にある大家さんの連絡先に直接連絡します。

いきなり電話はレベルが高すぎますが、LINEなどが載っている場合があるし、電話番号登録すれば家主がLINEに追加されるかもしれません。

 

正直LINEでメッセージ送ってしまう方が確実です!文章で送ればgoogle翻訳も使えます。

一方電話だと話がサクサク進むという利点はあるものの、中国語ができない状態で自分で電話をかけて聞くのは無理があります。電話だと対面より一層中国語は聞き取りにくいですし、聞き取ってもらいにくくなります。

 

ちなみにメールアドレスはあまり返事が返ってこないという印象、LINEが無かったら、大家さんは結構年配の方なのかなー?となんとなく予想もつきます。

 

あとは大家とコンタクトを取って、物件の見学をして、気に入れば契約という流れになります!!

基本的には内見で即決定という流れが多いそうです。本当に気に入った物件があればすぐに契約しないと無くなってしまう可能性もあります。やはり短期間で何件か見て決めるのが良いです。

 

気に入らなければまた591で物件探し…これの繰り返しになります。

政治大学の近くで自分で家を借りてみた!どんな家かちょっとだけ見せるよ!

まとめ

台湾で部屋探しをするには591というサイトがお薦めです。理由は台湾人もみんな使っているから!

日本とは違う点も多々ありますが、どうでしょう?使い方はそんなに難しくないですよね?

 

大家さんとの連絡もLINEを使えば簡単にできますし、大家さんの中には英語や日本語ができる大家さんもいます。それでもやっぱり物件の下見の時には台湾人の知り合いがいればお願いするのが良いかもしれません!

お互いに安心ですよね!

 

物件の見学の時は、電気代が1メーターいくらか、家賃意外に払わないといけない費用は何か?とか、あとは大家さんはどこに住んでいるのか?家賃の支払い方法は?など、それぞれ疑問があると思います。いざとなるとなかなか質問できないので事前に翻訳機で調べて書き出して、質問をまとめておくのもお薦めです。

 

私の友達(女性)は一人で部屋探して、一人で契約してたので、1人でも部屋を探して契約することは十分に可能ですよ!