レズビアンは台湾でどうやって仲間を見つけたらいいのか?

レズビアンは台湾でどうやって仲間を見つけたらいいのか?

こんにちはよこゆき(@ltaiwan_)です。

授業も始まって2週間、クラスでのカミングアウトはどうしようか、するかしないか考えながらもう2週間たってしまいました。(見た目でばれそうな感じですが…)とりあえずはまだ様子見です。

クラスには韓国や日本の子がいたので…余計な事は言わないでおこうって思って様子見してます。

 

さて、今回はレズビアンの知り合いもいない台湾でレズビアンが仲間に出会うにはどうしたらいいか?という事を考えてみました。まだ有名なTABOOクラブとかには行ってないです!

どこで台湾のレズビアンと出会うの?

答えから言うと、アプリとか、道端で声かける!です!笑

ちなみに台湾にレズビアンの知り合いがいない状態で台湾語(中国語)ができない状態で3週間生活した中で、1人のレズビアンとお茶する約束を取り付けました!

 

ではどうしたのか説明していきますね。

 

私はストレートの中でいろいろ考えたりしながら話したりすると疲れを感じるほうで、生活にレズビアンコミュニティでの生活がなくてはならない人間です。

 

なので台湾でもできればレズビアンの友達と知り合って、女の子かわいい!って言いながら生活したいんです。正直台湾生活の一番の問題は、レズの友達がいない!ということです。

 

別に彼女が欲しいとか、できれば楽しく夜の文化を知りたい(笑)とかではなく、ただ単純にレズビアンの友達が欲しいんですが、家と学校の往復ではなかなか出会わない!!!

 

いや、正直いっぱい見かけるんですよ!東京はわからないですが、日本の地方都市にいたら1日1人は見かけるか見かけないかのボーイッシュやFTMが、台湾の道端では普通に歩いています!

 

しかもかなりのクオリティの高い方もいらっしゃって、見慣れていてゲイダー(ゲイのレイダー)標準搭載の私もなかなか見分けがつかない!

 

それくらい街でLGBTっぽい人を見かける事が多いです!

 

でも、そのみかけた子にいきなり喋りかけるのはハードル高いですよね。。。。

私も英語でしゃべりかけて、”are you lesbian?”,”yes”で終わってしまいましたwwww

顔に”so what?”って書いてあったーーー!

 

絶対かわいい顔したフェムならもっと話してくれそうだったのに、どうしても見た目でわかりやすいボーイッシュにボーイッシュが話しかけたせいでこんな悲しい結果になりましたけど、

いきなり知らない人から”レズビアンですか?”って聞かれて、yesって答えるあたりさすがだな!と感心しました(違)

 

あ、話がそれました。

 

そう、なので道端で声かけて知り合いになるパターンは結構厳しい気がしたので、いろいろなアプリを試してみる事にしました!

 

まず試したのが”Tinder

海外では結構有名な出会い系アプリで、どうやらhook(やりもく)のアプリ見たいです!笑

検索すると日本でも出会い系の目的のために使って、それを報告してるゲスな記事が結構ありますね。笑

 

でもこのアプリは英語ができる人や、言語交換のためや、趣味を共有したい人など決してセッ..のためだけではないのでお薦めです!!

気に入ったら右にスライド、気に入らなかったら左にスライド、お互いに気に入った場合だけメッセージの交換ができるようになっています。

 

わたしはこれを始めて3日間で40くらいマッチングして、10人くらいとメッセージの交換をしています。全部英語で、1人だけ日本語のできるバイの子がいて、大切にしようって思ってます(笑)

 

今度1人のレズビアンの子とごはんに行く約束も取り付けたので、また面白いことがあれば報告しますね。

 

実際に会えるところまでもっていくのは、なかなか難しいかもしれません、

 

 

次に紹介するのは”Rela

レズビアン専用アプリで中国語圏のユーザーが多いです。

一応日本語にも対応していますが、日本人のユーザーまだ見かけてないんですよね。というのも結構な人数が登録していて、しかも近い距離から表示されるので、近くに日本人がいなければ当然表示されません。

これは日本のスピンドルみたいな感じです。

これも使ってみてわかったんですが、いわゆる中国のお金持ちのキラキラ系の人ばっかりで、出会いとかとは少し違う気がしました。

綺麗な子見るには良いアプリだとは思いましたが…

 

そして最後は”言語交換掲示板“です

これはレズビアンに会える可能性はめちゃくちゃ低いですが、反対に台湾人と実際に会える可能性はかなり高いです。”女性限定”で募集を出さなくても、結構女性から連絡が来ます!

しかもみんなそれなりに日本語できる子で、日本語を学びたい子!

運が良ければバイセクシャルの子やレズビアンの子に会えるかもしれません!

 

この掲示板で出会った子はかなり積極的にみんな”会おう”と言ってきます。

第三の性(LGBTQ)に寛容な台湾人なので、言語交換で出会って、そこから知り合いをうまく紹介してもらえば、中国語の練習にもなって、一石二鳥!相手にとっても日本語が勉強できるというWINWINで最高だと思います!

言語交換掲示板で会った子とも約束があるので、楽しみですね!面白い事が起こったら報告します!

 

台湾のレズビアンスポットに行ってみる

そろそろ中国語も日常会話程度ならできるようになってきて、ようやく台北のレズビアンスポットに顔を出すようになりました。

 

数人の日本の仲間と言ったので日本語で喋っていたら、日本語ができる台湾人からナンパ()されました!そこからその団体と一緒に飲んでLINEを交換。

その集まりのLINEグループに入れてもらったことで一気に台湾レズコミュニティが広がりました!

 

台湾人が口々に言うのは”彼女や友達を作りたいならLINEグループに入れ”です。

 

なので台湾でレズビアンの友達を作りたい場合、LINEグループに入れてもらうのが1番かもしれません!

 

わたしはここで台湾人にナンパ()されましたw

台北で最近レズビアンが集まっているゲイフレンドリーなバーに行ってみた

 

まとめ

中国語ができないレズビアンが、台湾でいきなりレズビアンの友達を作るのはなかなか大変ですね!

でも考えて見てください、日本にいた時も、最初はレズビアンの友達なんかいなくて、バーに行ったら知り合いが出来たとか、クラスでたまたまとか。。。。

そんな急には友達ができなかった昔の事を思い出しました!

 

やっぱり出会って、友達になるにはそれなりの時間と、言語力って大切ですよね。

でもやっぱり出会いは運命だと思うので、直接話しかけて見たり、アプリして見たり、何かしら動いて行けば、早い段階できっと出会えると信じてます。