台湾の銀行で残高証明書(財力證明書)を取得する方法

台湾の銀行で残高証明書(財力證明書)を取得する方法

こんにちはよこゆきです。今回は台湾の銀行での残高証明の発行について紹介します。

残高証明が必要になってくるのはビザ申請の時などだと思います。とくに語学留学で来ている場合、停留ビザから居留ビザへの書き換えの時に初めて必要になっるのではないでしょうか?

私も実際停留ビザの申請の時に必要になり銀行で取得しました。

ビザの申請には各種の”証明書”を揃えなければなりません。今回はその財力證明書取得の手順について詳しく説明していきます。

持ち物

・パスポート

・現金100,000元以上が入っている銀行通帳

その日に入金したものは反映されません!

・手数料(50元)

残高証明書取得方法

まずは自分の口座のある銀行に行き、整理券の場所で「我要財力證明(ウォヤオツァイリージェンミン)」と係りの人に伝え、整理券を貰い、電光掲示板のようなものとアナウンスがあるので自分の順番になるまで待機します。

自分の番号が呼ばれたらカウンターに向かいます。カウンターでもう一度「我要財力證明(ウォヤオツァイリージェンミン)」と言いましょう!そしてパスポートと自分の通帳を一緒に提出します。

私は自身が無かったので文字をスクショして見せました!笑

もしかして通じなかった時の為に文字で用意するのは、本当に有効な手段だと思います。

すると職員さんがサクサクと作業を進めて行って、「なぜ財力證明が必要ですか?」と聞かれるので「居留證(ジュリョージェン)」もしくは「for VISA」とでも答えましょう!

さらに「ドル建てですか?台湾ドルですか?」と聞かれるかもしれません。ドル建てでも台湾ドル建てでもどちらでもOKですが、台湾ドルにしておいた方がベターです。

 

私は割と英語で処理しようとしてしまいますが、お姉さんもgoogle翻訳などを使ってモニターの向きを変えたりして日本語で伝えようとしてくれます。中国語ができるに越した事はないですが、複雑な手続きなどはないので、割とどうとでもなりますね!

証明書を発行するためには5分ほど時間がかかります。その間に手数料50元を支払って書類にサインして、領収証を貰って、手続きは完了します!

残額証明が出るのは前日までの記録

残高証明は100,000万元が必要なので、両替や、クレジットカードでお金を引き出してから、入金し、そのまま残高証明を発行しようと考えますよね。実際私もそうしました!

が!!!!!

 

残高証明は前日までの記録しか出すことができません!!

 

なので普段から100,000元以上が口座に無い場合は残額証明の発行には入金日と、残額証明の発行日の合わせて2日間かかる事になります。

まとめ

台湾の銀行口座の残高証明を発行するのは手数料50元で即日発行です。

 

おそらく居留証の発行のために残高証明が必要になる場合が多いと思います。日本の銀行のものでもOKですが、台湾の方が安くて速いので台湾の銀行で口座を作成して取得する方がいろいろと都合が良いと思います。

 

居留証を取得するということは、腰を据え台湾で生活するということになると思います。もし銀行口座をまだ開設していない場合は口座の開設も視野に入れてはいかがでしょうか?

台湾の銀行口座開設方法を紹介!台湾で生活するために銀行口座を作る!【2018年】