台北唯一のレズビアンクラブtabooの楽しみ方

台北唯一のレズビアンクラブtabooの楽しみ方

台北のLGBTQ+パレードの日の夜に台北唯一のレズビアンバー?クラブtabooに行ってきたのでその様子と、tabooへの行き方、その他楽しむための情報を紹介していきます。

毎週末イベントも開催していて台北の女の子が集まる場所になってます!

 

台北のレズビアンが集まるtabooはクラブ?バー?

2018年現在、tabooはバー&クラブの営業をしています。水曜、木曜、日曜はバー、金曜日と土曜日がクラブになっています。利用方法が違うので下のグラフで確認してください。

バー クラブ
曜日 水・木・日 金・土
営業時間 21:00~2:00 22:00-04:00
価格 最低消費250元 500元
消費方法 オーダー制 飲み放題

嬉しいのは金・土曜の飲み放題です!お酒飲みたい人には最高です!これなら2,3杯飲めば元が取れる気がします!

*営業時間等変更になっていることもありますのでHPで確認をお薦めします。また他のブログの情報だとちょっと古いものとかあるので気を付けてください!

「TABOO」

住所:台北市建國北路2段90號B1
Tel:+886 2 2518 1119
E-mail:taboo126@yahoo.com.tw
HP:http://www.taboo.com.tw/

tabooへの行き方

tabooの最寄りの駅はMRT行天宮站か松江南京站です。どちらの駅からもだいたい10~15分ほどです。複数名で行く場合はタクシーやUberで行ってもいいですね!


今回は行天宮からの道を紹介します。

行天宮の2番出口から出て道沿いに歩いて行くと大きな交差点に到着します。その交差点を左に曲がり、次の交差点まで歩きます。この交差点は高速道路の高架下になってます。

この高架のほうに行かずに右に曲がります。進む方向としてはこちら。ホテルのある方を進みます。

このホテルの目の前を進んでいくと先の方に入口が見えてきます。この日は台北のLGBT+パレードの日だったので入口に人が溢れかえっていました。

普段はここまで混む事はないようです。

そして入口はこんな感じ。

普段はキャッシャーは下にありますが、大きなイベントの場合は上にキャッシャーが移動してきています。入口はクラブって感じですねー

別にクラブが乱立するような場所にあるわけではないので、見逃してしまいそうです。地図見ながら進みましょう!

台北のレズビアンが集まるtabooはこんな感じ

まずtabooは地下にあるので、入口から階段を下りていきます。階段にはコインロッカーが設置してありました。

普段はクラブ営業でもカウンターは下にあると思います。

クラブ営業の場合はコップを貰って、そのコップがグラス交換の役割をします。飲み物は私が把握したのはビール、カクテル、梅酒などでした。

カウンターでコップ渡して、カクテルなら氷だけ入れてもらって自分で好きなカクテルを入れます。ビールの場合はスタッフがついでくれました。

トイレは個室が3個あって、パレード後のイベントは大行列してましたけど、普段ならそこまで行列することはなさそうでした。

最高に人が多かった時はこんな感じ。

楽しすぎて結構飲んでたのでもう写真が残念なことになってますけど、人の多さだけは感じ取っていただけると思います。

だいたい3時くらいまでは凄い人が溢れてました。大きい箱じゃないですし、入場制限もかけてないみたいなので、とにかく人がヤバかったです。ドリンク取りに行くのも一苦労。

さすがパレード後の盛り上がりって感じです!

 

この日は日本人の方は見かけなかったんですけど、一緒に行った友達曰く、”前来たときは日本人のカップル2組と知り合った~”ということでした。

さらに店員さんとも仲良くなってたので、結構普段はパレードの日よりは落ち着いてて、店員さんとも絡む時間があるのかな?という印象です。

今度は普段のイベントで行ってみたいですね!

日本人てわかると喋ってくれる!

なかなか最近は一目で日本人とバレる事は少ないですけど、やはり日本人だとわかると、日本好きな子とかは結構しゃべってくれます!

台湾人、結構グループで来ている事が多いですが1人で行ってもスタッフさんなどが相手してくれるようなので、安心みたいです。

というか基本台湾人結構フレンドリーで日本好き(たまに重い日本への愛)なので、普通の日本のクラブに一人で行くより私の感覚としては行きやすく感じました。

結構可愛い台湾の女子もいて見てるだけでも楽しかったですよ!

台湾の子かわいいですよね~レベル高いな~って思いながら見てました。

ちょっと覗いてみる価値あると思います。