台湾お土産定番!パイナップルケーキ食べ比べた結果!!

台湾お土産定番!パイナップルケーキ食べ比べた結果!!

こんにちは、よこゆき(@ltaiwan_)です!

今回は台湾のお土産の定番”パイナップルケーキ”はどこのパイナップルケーキがいいのか、食べ比べて見ようと思います!!

人気の高級志向のパイナップルケーキから、ばらまき用の専門店のパイナップルケーキ、そしてスーパーでも変える安めのパイナップルケーキまでいろいろと食べ比べてみます!

ちなみに1個あたり200キロカロリーくらいあるので、同時には食べてません!笑

少しずつ試して、少しづつ追加していく予定です!

台湾のパイナップルケーキ

台湾のお土産定番のパイナップルケーキの有名店の値段と購入場所の表にしています。お土産購入の参考になればと思います。

店/メーカー 値段 販売場所
李製餅家 1個16元 中山駅

佳徳糕餅

1個30元 南京三民駅/時期によってスーパー・コンビニ
微熱山丘 1個42元 台北101駅/松山空港駅/桃園空港
Tartine唐緹 1個30元 永春駅

 

李製餅家/リーヂービンジャー

何と創業100年以上の歴史のあるパイナップルケーキのお店。100年の伝統の味を受け継ぎ基隆市の本店と台北市林森北路でのみ販売されています。餡はジャムのようなタイプのもので賞味期限は20~30日と、比較的専門店のものの中でも日持ちします。

さらにこちらのパイナップルケーキは、甘さが控えめでカロリーも控えめ、お値段も控えめです!
バラ売り時1個18元、12個210元、24個400元、36個600元。(クレジットカード使用不可)

甘さ控えめなので、台湾のお茶との相性もばっちりでした。ブラックコーヒーと一緒に食べましたがコーヒーとの相性もよさそうです。餡が多くなく、クッキー感が強いです。

他にも12種類のお菓子があり、ナツメの餡が入った「棗泥小月餅」(1個35元)が日本人に人気の様です。バラ売りしているので1個食べて見て購入する人が多いようです。

お店は地下鉄淡水信義線「中山」駅出口2を出て、南京西路をまっすぐ進み、林森北路との交差点を右に曲がりすぐです。

住所:No. 156, Linsen North Road, Zhongshan District, Taipei City

アクセス:地下鉄中山駅2号出口徒歩10分

営業時間:10:30-21:30

定休日:無休

佳徳糕餅/ジャドゥーァガォビン

2006年から台北市が開催している「パイナップルケーキ大会」では、初代グランプリ!
翌年の第2回大会では創意パイナップルケーキ金賞!

パイナップルケーキに使用されるバターはオーストラリアやニュージランドの有機天然のものを使用し、パイナップルのあんは台湾産。素材にこだわったパイナップルケーキや、パンやケーキが人気のお店。いつ行ってもお店は混雑していて、入店規制がかかる事もあるとか。

大量購入する地元の方もちらほら。本当に有名で人気なのがわかります。最近ではコンビニやスーパーでもし春節の頃などには購入できるようになって購入がお手軽になりました。

実際に食べてみた感想は、柔らかいのですが崩れることもなくサクサクとした外側と、甘すぎない餡が絶品!餡にはパイナップルの食感が残っています。

他にもクランベリーケーキが地元では人気のようで、店舗では組み合わせ自由で好きなものを自分で箱につめて購入することができます。これがお土産には最適です!

 

店舗ではクレジットカードも利用可能ですが少額の場合は現金のみです。

住所:No. 88, Section 5, Nanjing East Road, Songshan District, Taipei City

アクセス:地下鉄松山南京駅4番出口徒歩10分

営業時間:9:00-21:00

定休日:無休

微熱山丘/サニーヒルズ

オープン以来、客足が途絶えないパイナップルケーキ専門店で、ついには日本にも出店した台湾の超有名店です。台湾産のパイナップルを100%利用しているので風味も豊かで酸味あり自然な甘みがあって、何より食感が”ザクザク”!!!!衝撃!

周りのクッキー部分もサクサクで、でもボロボロにはならない絶妙な加減(語彙力)

日本人人気NO1なのも納得です。ちなみに私が買った時は10個入りを10箱くらい買ってる人を2人くらい見ました。凄い人気ですね。

 

以前は松山空港から徒歩13分の店舗と、桃園空港しか無く、桃園では売り切れということもありましたが、台北101の近くの三越にも店舗が出来て購入が便利になりました。

しかし本店の方に行くと元お茶農家のオーナーの厳選した台湾茶とパイナップルケーキの試食(しかも1個)ができますのでちょっと不便な場所ですけど時間があればぜひ本店まで足を運んでみてはいかがでしょうか。

10個入り420元、16個入り670元

住所:No. 1號, Alley 4, Lane 36, Section 5, Minsheng East Road, Songshan District, Taipei City, 105

アクセス:地下鉄松山空港駅徒歩15分

営業時間:10:00-20:00

定休日:無休

Tartine唐緹

台北市内に3店舗展開する健康志向のフランス風パン屋です。このお店のパイナップルケーキは欧米人のベジタリアンの友人からのお勧めで食べてみました。日本語のページで紹介されているのは少ないですが中国語や英語だと結構いろいろなサイトが出てきたので結構有名なお店の様です。

Tartine唐緹を実際に食べてみるとパイナップルのザクザクとした食感、中のパイナップル餡も程よい甘さでした。餡の色は濃い目ですが味はさっぱりとしています。まわりのクッキー部分は少し水分少な目ですが、Tartineのパイナップルケーキのポイントは適度な大きさと適度な値段だと思います。コストパフォーマンスはなかなか良いと思います。

12個入り360元

住所:No. 2, Lane 121, Hulin Street, Xinyi District, Taipei City, 110

アクセス:地下鉄永春駅徒歩5分

営業時間:8:00~22:30

定休日:無休

まとめ

台湾のお土産の定番であるパイナップルケーキ!実は味も値段もいろいろだという事がわかりました。それぞれのお店に特徴があるので、いろいろなお店のものを食べてみるのが面白いと思います!また旅行の日程に合わせて近くのお店で購入するのも良いですね。

ここで紹介しているのはどれも美味しくて他人にお薦めできるパイナップルケーキなので是非お試しください。

 

自分でもパイナップルケーキ作ってみたい方に

台北でパイナップルケーキ作り体験が予想外に良かった