【インスタ映え】台湾の楽天皇朝で8色の小籠包を食べる!

【インスタ映え】台湾の楽天皇朝で8色の小籠包を食べる!

台湾に旅行するとなぜかみんな小籠包を食べたがるんですが…

 

わかります、わかりますよ!中華といったら小籠包のイメージ!!私も小籠包は大好き!

 

でも正直みなさんが並ぶ台湾のデンタイフォンは(鼎泰豐)はいつ見ても長蛇の列で待ち時間も100分なんてザラ。しかも予約は不可能なので子供や年配の方がいる場合100分の待ち時間は、いくら台湾の有名店だからといって貴重な台湾旅行ではもったいないなと感じます。

 

日本にも何店舗もあるデンタイフォン(鼎泰豐)は最悪日本で食べてもいいんじゃない?20店舗もあるじゃん…

 

なので今回は台湾にはローカルの店含め美味しい小籠包屋さんがたくさんあり、特にインスタに載せても最高に映える八食小籠包の店・楽天皇朝に行ってきたので紹介していきます。

楽天皇朝はどんな店?

世界初の8種の味の小籠包!シンガポール発の人気中華チェーン店「樂天餐飲集團」が台湾に出店したのが楽天皇朝です。

看板メニューの8色の小籠包は見た目も楽しく、カラフルな色はすべて植物由来。

 

小籠包の他にもハズレが無い中華料理が楽しめるのが楽天皇朝です。

 

実は日本でも銀座に「パラダイスダイナシティー」という名前で1店舗だけ進出していますが、値段の面から考えて台湾で楽天皇朝に行くメリットは大きいです!

 

例えば看板メニューの八食小籠包。台湾では340元(約1,230円)ですが日本の店舗だと1790円(税別)。

 

楽天皇朝の八色小籠包を食べてみる

楽天皇朝に来た一番の目的である八色小籠包を早速注文します。正式な名前は「特色皇朝小籠包八色」

初めて楽天皇朝に行くなら注文必須の小籠包です!

 

この八食の小籠包は、マカロンのようにカラフルで、他にはない楽しい小籠包を作りたい!という思いで作られました。カラフルな色は全て天然食材で色付けされ、楽天皇朝の職人さんが手作りしています。

 

八食の小籠包を注文すると紙がもらえ、その紙には小籠包の味の説明とお薦めの食べる順番が書かれています。

小籠包によって味が濃い物があったり、刺激のあるものがあるので、基本書いてある順番通りに食べるのがお薦めです!

 

お薦めの食べる順番 ①ノーマル→ ②高麗人参→ ③フォアグラ→ ④トリュフ→ ⑤チーズ→ ⑥蟹ミソ→ ⑦ガーリック→ ⑧唐辛子

 

今回はインスタのために3人で行って1セットしか注文しなかったので(笑)私が食べたものだけレポートします。

 

完全に色で選択した高麗人参!

とにかく色のインパクトが凄かったので選びました!あと高麗人参と言えば体に良いんじゃないか?という短絡的理由で選択しましたが…

 

小籠包からあふれ出る肉汁を口にした瞬間、

 

あ、やば….高麗人参感がすごい。

 

これはアレだ…韓国で飲まされた高麗人参エキスを30倍に薄めたけど、頭の中に韓国で見た高麗人参畑の光景がフラッシュバックする強さ…

 

高麗人参オブ高麗人参

 

これは、まず最初に体に良い物を摂取して胃の準備をしましょうってことですかね?

 

女子から不人気だったガーリック小籠包

ガーリックという事で、臭いが気になるのか誰も手をつけなかったガーリック小籠包。

 

名前の通りかなりのにんにく感があります。う~ん、これはにんにく好きにはたまらんおいしさです!想像以上に上品なにんにくの味がしました!

 

これはガーリック好きにはたまらんです。

 

ただ、これ食べた後はマウスケアしないとダメかな?と考えてしまったあたり、まだまだ日本人です。

 

正直味は美味しいので、もしデートの場合、相手にも同じものを食べさせれば世界平和、NO問題!

 

本当にお辛いんですか?麻辣小籠包

こちらもなぜかみんなが選択しなかった唐辛子小籠包。

 

私はどれだけ辛いかワクワクしながら食べたんですが….

 

 

辛くないやん。

 

写真の後ろのタレを見てもわかるように、激辛好きには全く響かない辛さでした。ただし唐辛子の旨味が感じられる小籠包で、タレを辛くして食べたのとはやはり違いました。

 

激辛好きが麻辣小籠包なので辛さを期待しても、山椒のピリピリ感含め多分物足りない…

 

ただし辛いのが苦手な方にも少し食べて貰ったら、辛くて口がヒリヒリすると言っていたので、苦手な人や一般の方にはやはり”麻辣”はしっかりしてるようです。

これ食べたら他の小籠包の味がわからなくなりそうです。

 

やはりこの八食小籠包はお店お薦めの順番で食べた方無難のようです!

 

楽天皇朝のお薦めメニュー

楽天皇朝は小籠包だけでなく中華のメニューが揃っています。メニューには日本語もあり、メニューを見ながら自分で注文用紙に記入していきます。

 

残念ながら注文用紙は英語と中国語だけですが、台湾は繁体字で日本の漢字と一緒のものも多いので、メニュー決定→中国語を見る→注文用紙で同じ字を探すで乗り切ることができます。

 

 

今回はネットでもお薦めされていた瑤柱芙蓉賽螃蟹を注文。

正直ビジュアルは友人たちも「!?!!?…」でしたが味は最高!

 

この料理は蟹大好きな西太后が蟹の取れない時期に「蟹が食べたい!」と我儘を言ったので、困った宮廷料理人が試行錯誤の末に生み出した蟹っぽい食感と味を再現した料理です。

 

なので蟹は使ってません!

 

しかしこの料理を食べた西太后は「蟹よりおいしい!」と言って褒めたので「賽螃蟹(蟹に勝る)」と言う名前が付けられました。

 

料理が運ばれてくるとスタッフが黄身を崩してくれます。酢と黄身と卵白を一緒にすくいあげて食べてみると味はホントに蟹のような風味と食感があってびっくり!卵と貝柱をつかっているのになぜか蟹を感じる不思議…

 

火力などが難しいので、実際に出しているお店は多くはないので楽天皇朝に行ったら是非食べてみて欲しい一品です。宮廷料理人たちの努力に感動すら覚えます。

 

楽天皇朝への行き方

楽天皇朝は台北の信義地区にあり、MRTの市政府駅3番出口からつながっている微風信義というデパートの4Fにあります。

楽天皇朝台湾

営業時間:11:00~21:30(日,月,火,水)、11:00~22:30(木,金,土)

住所:110台北市信義區忠孝東路五段68號微風信義商場4F

電話番号:+886 2 2722 6545

HP:

クレジットカード:OK

地下鉄の駅から直通なので行きやすいです。

お昼時やディナーの時間は行列ができているので、行く事が決まっている場合は事前の予約がお薦めです。

英語しかありませんがこちらのサイトから予約することが可能。

 

楽天皇朝予約サイト(英語)

 

予約が難しいな!って方は私が行った日曜の開店直後11:00~12:00くらいの時間ならまだまだ空席があったので参考にしてください。

 

まとめ

台湾で小籠包といえばデンタイフォンだけじゃない!

インスタ映えする八色の小籠包の楽天皇朝は、オシャレな料理や珍しい料理、オーソドックスな中華も楽しめるレストランでした。

利便性も高いので台湾旅行の際や、ちょっとした贅沢なご飯を食べたいときに利用してみてはいかがでしょうか。