台湾料理が苦手な人にこそオススメしたい欣葉(シンイエ)

台湾料理が苦手な人にこそオススメしたい欣葉(シンイエ)

「八角」をはじめとする台湾の漢方のような味が苦手な人にこそ薦めたい台湾料理の有名店「欣葉(シンイエ)」に行ってきたので紹介します。

台湾と言えば鼎泰豊の小籠包がパッと思い浮かぶかもしれませんが、実は小籠包って上海料理なんですよ。

 

もちろん鼎泰豊の小籠包は安定のおいしさなので本場の台湾で食べてもOKなんですが、せっかくなので「台湾料理」が食べたい方に絶対オススメなのが「欣葉(シンイエ)」です。

 

なぜ「欣葉(シンイエ)」がお薦めなのか?

 

「欣葉(シンイエ)」は高級食材に頼らずに台湾の家庭料理を基本として、日本料理をリスペクトする料理長が日本料理の神髄などを弟子に学ばせ、日本料理の要素を取り入れながら作っているので日本人の口に合う!

その証拠に欣葉(シンイエ)は日本料理の専門店なども出しています。笑

もちろんお店でも日本語が通じる店員が一定数いますので、台湾旅行が初めての方でも安心できるというのも大きい要素ですね。

 

油っこい中華料理が苦手、辛い料理が苦手、香辛料が苦手….

 

台湾料理を避けてしまう理由っていろいろあるかもしれませんが、この欣葉(シンイエ)はそんな固定観念を破壊できると思います。

台湾に初めて行く老若男女が台湾料理にチャレンジしてみる価値のあるお店です。

 

1977年創業者李秀英により、台北市内双城街の街角にわずか11卓で1号店を開店した欣葉は、お客様のアドバイスを頂きながら、家庭料理からおもてなしの宴会料理まで、幅広い客層に楽しんでいただける台湾料理の代表店になりました。

引用: 欣葉

 

もちろん台湾人にも、気取らない普段着で楽しめる台湾料理、だけど真面目に手の込んだ台湾料理を出す事で有名で人気のお店です。

決して観光客である日本人だけをターゲットにしてるわけでは無いので、台湾人もたくさん利用します。

どうせなら

「欣葉(シンイエ)」本店へ行こう!

 

せっかくなので欣葉(シンイエ)の本店の欣葉台菜創始店」に行きましょう!

やはり本店は雰囲気が良い事と、一番おいしいとの声が多いからです。

 

当然予約は必須ですし、予約は早ければ早い方が良いです。欣葉(シンイエ)の予約電話は日本語でも対応しているので、日程が決まったらすぐに予約するのがベターです。特に週末は本当に予約でいっぱいなので、直接店に行っても入れない場合が多いです。

 

台湾到着後、ホテルの方に予約してもらってもOKですが、望む時間に予約が取れない事もあるので早ければ早い方が絶対に良いです。予約の方法は下で紹介します。

 

台北101の85階、欣葉の高級店「欣葉食藝軒」

綺麗な夜景の高級レストランとして使うなら台北101にある欣葉の高級店「欣葉食藝軒」をオススメします。

 

こちらはコース料理がメインで昼は1200元程なので、普通に台北101の入場料が600元かかるのに対し、欣葉食藝軒を利用すれば、その600元を払わずに満喫できるので割とお得感があります。

 

一方で夜のコースはそれなりのイイお値段するので、ここぞという時に使うのが良いかもしれません。

 

こちらの店舗では高級食材も使っていますので、”欣葉らしさ”の台湾の手の込んだ家庭料理とは違うような気もしますが、”台北101からの景色”を含めて楽しむならアリでしょう。

 

欣葉(シンイエ)「雙城會館」の昼限定ビュッフェ(食べ放題)

欣葉(シンイエ)の本店斜め前にある雙城會館では昼限定で食べ放題のビュッフェがあります。時間は11:30~14:30分で値段は大人450NTD子供298NTD(+10%サービス料)です。

 

ランチの値段にしてはなかなかのお値段ですが、欣葉(シンイエ)の台湾料理をこの値段で好きなだけ食べられるのでお得だと思います。特にたくさん食べれる方には絶対オススメ。

 

気軽に欣葉の台湾料理を楽しむ

欣葉の料理を気軽に楽しむには「新光三越 南京西路店8F」「新光三越 信義新天地A9館8F」にある店舗をランチで利用するのがお薦めです。デパートに入っているのでショッピングのついでに利用でき、すごく便利。

 

本店に比べて混雑は少なですが、台湾人もよく利用していて適度な混雑具合がとても良いです。台湾人からも大人気の店という事がわかります。

 

信義A9のpapparich(マレーシア料理料理)

 

実は欣葉の姉妹店にはマレーシア料理のお店があります。台湾では結構台式マレーシア料理のお店が多いんですが、このpapparichのマレーシア料理は別格でした。マレーシアの友達も納得の味。

papparichは信義A9にあり、こちらも台湾人に大人気のお店です。私が行った時も30分は待ちました。

台湾で美味しいマレーシア料理が食べたい時にお薦めです。

Advertisement

欣葉(シンイエ)で絶対食べるべきメニュー

 

欣葉(シンイエ)にはたくさんの料理があります。全部のメニューにしっかり日本語訳もついているし、基本は自分の好きなものを注文すればいいと思います。ただ分量などがわからないと思うので、大人2人なら基本はこんな感じでどうでしょうか?

・前菜から1~2品

・野菜のいためもの

・メインの1品

・カニおこわorフカヒレ佛跳スープ

・デザート

食べて欲しいメニューが多いのでなかなか選べない!

これに1人増えるごとにメインや前菜を1~2皿増やしていけばOKだと思います。もし余ったら持ち帰りもできるので、頼みすぎてもOKです。

 

せっかくなので台湾料理を頼むのが良いと思います。ですが最初は何を頼んだら良いかわからないと思うので欣葉(シンイエ)の人気料理屋オススメメニューをいくつか紹介します。

 

ワタリガニのおこわは注文必須!

 

ワタリガニのおこわ(紅蟳米糕)はとにかく絶対に頼むべきです。欣葉(シンイエ)のお客のほとんどが頼む名物メニュー。

薄い味つけのおこわの上にカニがどーん!と乗っており、老若男女にウケる味。

台湾人も大好きな台湾料理の1つです。

大きさも選べるので人数に合わせて注文しましょう。ちなみに写真は小ですが、これを3人で食べても結構ボリュームがありました。お米じゃなくてもち米なので結構お腹に溜まります。

 

薄味ですが、カニ酢もついてきたり後で紹介したニンニクの醤油を使うと味の調節ができます。

 

前菜・蒜香醃蜆仔(しじみのニンニク醤油漬)

前菜でぜひ頼んで頂きたいのは個人的に台湾で一番お酒に合うおつまみだと思っているしじみのニンニク醤油漬けです。

生のシジミをゆっくり加熱して口が少し開いた状態でニンニク醤油に付け込む料理なんですが、実が半生でプリプリでトロトロ。

シジミに醤油が染み込んで臭みも無くてめちゃめちゃ美味しい!

なんでこれが日本で食べられないんだろう…

 

あぁ…お酒によくあって、飲むのが止まりません…

もちろんニンニク醤油自体も美味しいので残った醤油はカニおこわにかけたりしてもGOOD

 

豚の角煮(欣葉滷肉)

こちらはメインの一品で、欣葉(シンイエ)の代表的な料理の1つです。(なぜか前菜より先に出て来た、笑)

 

台湾産の豚肉を醤油、ニンニク、ネギと一緒にじっくり煮込んで作られており、油もしっかり落ちていてごはんに大変良く合う1品です。白飯1杯軽く無くなりそうなくらい美味しい…

しかも日本人が苦手とする八角が使われておらず、子供でも食べやすくなってます。沖縄料理のラフテーにそっくりですね。

 

シンプルな料理なのに人間を虜にするおいしさ。

 

ああ、国立故宮博物院の豚角煮、ここにおったんかぁ….これは確かに国宝だ…

 

フカヒレ佛跳牆(佛跳牆魚翅)

 

このスープを飲むと佛も禅の道を捨てて壁を飛び超えて来る程おいしいスープ!笑

壺の中にフカヒレ、ホタテの貝柱、なまこの高級食材+豚の胃袋、スペアリブ、鶏肉、椎茸、タロイモなどなどいろいろな食材が入っているのでスープが美味しい!うまみ調味料もひれ伏すおいしさです。比べるのも申し訳ない。自然の素材だけでこのおいしさが出せるのはびっくりです。

 

もちろん食材そのものも美味しいですし、高級なフカヒレやナマコをこの値段で楽しめるのはお得感もあるので、是非頼んでみて欲しいメニューの一つです。

 

切干大根の卵焼き(正宗菜脯蛋)

こちらも台湾の家庭料理の一つで、切り干し大根が入った卵焼きです。(パンケーキじゃないですよ)

台湾人も大好きで熱炒でも台湾人がいると必ず頼む料理です。

 

欣葉(シンイエ)の菜脯蛋は外はカリカリ、中はフワフワで、熱炒とかだとたまに塩辛かったり切り干し大根が少なかったりするんですが、やはりここのは違う…シンプルなのになんでこんなに美味しいんだ!

 

卵焼きそんなに好きじゃないけど、なんでこんなに美味しいんだ!ごはんとお酒が止まらないじゃないか!と頭抱えた一品です。ぜひお試しください。

 

鶏の生姜とバジル炒め煮(三杯鶏)

こちらも台湾の代表的な調理方法の三杯を使った炒め煮です。(三杯ソース:醤油 黒酢 ごま油)

ここに台湾バジルや生姜、ニンニク、豆板醤、唐辛子を合わせて味を調えています。こちらの料理もお酒との相性が最高です!笑

この料理も台湾の熱炒に行けば必ずありますが、やはり欣葉(シンイエ)のは特別でした。味のバランスが絶妙で、実は食べきれなくて持ち帰って次の日に食べたんですが、次の日でもおいしい…

 

冷蔵庫から出して、温めもせずそのまま食べたのに美味しい…ちょっと衝撃のおいしさでした。

 

デザートの定番・手作り杏仁豆腐(手打杏仁豆腐)

もうお腹いっぱいかもしれませんが是非食べて見て欲しいのがデザートの杏仁豆腐です。

欣葉(シンイエ)の杏仁豆腐は他の杏仁豆腐と違ってもちもちの食感。秘密は手間のかかる伝統的な方法で作っているそうで、他ではなかなか味わえない本場の味です。

 

これは食べて見ないと表現しづらいので全国の杏仁豆腐好きのみなさんは絶対デザート分のお腹を空けておくことをお薦めします。

欣葉(シンイエ)は予約必須

 

とにかく大人気の欣葉(シンイエ)台菜創始店に行きたいな!と思った方は絶対予約をしてください。予約は日本語でもOKです。

特に最近便利なのはネットでの予約です。5日後から2ヵ月先までの予約が可能なので、何度も言いますが早めに予約しとく事をお薦めします。

下のリンクから予約のページに飛べます。

欣葉(シンイエ)予約ページ

欣葉(シンイエ)台菜創始店の店舗情報

 

欣葉(シンイエ)の本店である台菜創始店の店舗情報を紹介します。

住所:台北市雙城街34-1號(中山国小駅1番出口から徒歩約8分)

電話番号:02-2596-3255

定休日:なし

営業時間:11:00-24:00

HP:http://www.shinyeh.com.tw

カード:OK

 

 

まとめ

 

香辛料が苦手で台湾料理と言えば小籠包!くらいしか思いつかない方にもぜひ欣葉(シンイエ)の台湾家庭料理を楽しんで欲しいです。

台湾料理が食べたいなら欣葉(シンイエ)をお薦めします。