台湾の教師節は何するの?私が中国語の先生にしたこと

台湾の教師節は何するの?私が中国語の先生にしたこと

こんにちは、よこゆきです。今回は台湾にある教師節について書きます。

日本ではあまりメジャーではないので馴染が無いですが、簡単に言えば老師に感謝の意を伝えよう!っていう日です!

いろいろ調べてみたのですが、日本人にあまりなじみのない教師節に何したら良いか書いてるのって少なくて、私が台湾留学中に教師節に行った事や台湾人に聞いた老師節に何するかを紹介します。

台湾の教師節とは?

教師を敬うのは中華文化の一つの要素であり、華人社会においては教師の地位はとても高いです。台湾の教師節は、過去1年間の指導を教師に感謝するための節句であり、古代中国の教育の先駆者とされる孔子の誕生日にちなんで、毎年9月28日に教師節を祝っています。台湾には現在孔子廟は40ヶ所ほどあります、台北の孔子廟は円山駅の近くにあるものが日本人にも有名です。毎年の9月28日には音楽や舞踊が催され、お酒などのお供えも行い、孔子に対する畏敬の念を表します。この日には国内外から大勢の参観者が訪れます。

 

台湾人は教師節に何してる?

では台湾人は教師節になにをやってるのか?とても気になりました!調べてみると、手紙を書いたり小さなプレゼントしたり、というのが多かったです。またクラスで先生に小さなイタズラをするというものもありました。これは楽しそう!

9月に新学期が始まる台湾では前の年の老師にも感謝を表す事が多いようだという事も発見しました。

でも曖昧でよくわからない…

 

ということで台湾人に”教師節先生に何したらいい?”と聞いてみました。

台湾人A:「花束あげる!お菓子もいいし手紙もいいよ!」

 

台湾人B:「感謝の気持ちで手紙とか書きます。でもいたずらをする人もいます。」

 

台湾人C:「昔は手紙とか書きました。でも昔の先生にあげました。」

 

とにかく手紙とちょっとしたプレゼント、クラスでやるならいたずらや花束かな?という感じでした。

私が台湾の教師節にしたこと、老師の反応は?

私は結局クラスメンバーに「明日は教師節だよ」とリマインドをして(笑)、何かしよう!と提案してよし、やるぞ!となったんですけど、いざ当日、みんな忘れてるwww(おい

 

でも授業後老師に他の日本人一人と一緒にお菓子セット(抹茶キットカット+クッキー)とホットアイマスクとメッセージカード(と言っても「謝謝老師、教師節快楽」しか書いてない)を渡しました!

もう一人はスタバのお菓子渡していました。ちょっと高めのお菓子っていいな!って見て思いました。

 

老師の反応は「え!忘れたと思ってた!ありがとう!!!

 

授業後まで全く教師節に触れず、ホイって感じで渡したのでびっくりしてました。

やっぱり祝ってもらったら嬉しいですよね!中国語の老師って給料もよくないし、やりがいの世界だから、こうゆうのって嬉しいのかな?って思いました。あくまで私の想像ですけど。

それに中華圏で育った老師は少なからず”老師は老師節になにかされるもの”って考えもあるんじゃないかな?

 

この出来事直後、狙ったわけじゃないですけど、少し無理なお願いをしたんですが、快く協力してくれました。

 

ほんの少しのプレゼントで老師も喜んで、ヤル気もアップするし、

喜ぶ老師見てたらこっちも嬉しくなりました!!!

 

もう、いつも思うんですけど、こういう時の台湾女子の正直な喜び方、すごくかわいいですよね!本当にこっちも嬉しくなります。

老師節やってみてよかった!老師に渡してよかった!ってなります!

 

アドバイスとしては、もしクラスで何かするなら、しっかり打ち合わせしたほうがいいですよ!特に西洋系の方には教師節はあまり馴染みがなく何するの?what?みたいな感じ(イメージ)なので。笑

ちなみに韓国にも教師節があるので、韓国人のクラスメイトいたら結構面白いアイディアが出て来るかもしれないです!

まとめ

台湾の教師節、日本人にはあまり馴染みがないですが中華圏ではメジャーなイベントです。

ぜひ台湾留学でお世話になってる老師にありがとうの気持ちをメッセージカードや小さなプレゼントでいいので形にして渡すと、老師も自分もとても嬉しい気持ちになれる、素晴らしいイベントでした!!

せっかく留学したタイミングで教師節があるなら是非参加してみては?