台湾で自分で部屋を借りた時に必要なものを安く揃える方法

台湾で自分で部屋を借りた時に必要なものを安く揃える方法

 

こんにちは。よこゆき(@ltaiwan_)です。

 

この記事では私が台湾留学を始める時、最初から部屋を借りたので、その時必要だったものを出来るだけ安く揃えるためにどうしたかを紹介していきます。

 

ちなみに中国語は数字も1から数えればなんとかわかるレベルで店での値段交渉などは一切できないので価格表示されている店をいろいろ回った結果です。

台湾に詳しい方はもっと安く買えるよーって場所があったら教えてください!

 

*2018年2月末のレート、1NT$=約3.7円で計算していきます。

台湾での留学生活に必要なものを安く揃える

では私が台湾留学で家を借りた時に必要だったものを安く揃えるためにどこで購入したかを紹介していきます。

ベッドカバー、枕などの寝具

 

台湾でお部屋を借りる場合、基本的には家具は備え付きになっています

私の借りた部屋でもベッド、マットレス、冷蔵庫、テレビ、クローゼットは備え付きでした。

新生活はすぐにでも始めることができます。

 

とは言っても自分で用意しなければならないものもあります。

私の場合はベッドカバー(実はカバーはついていたけど、汚くて寝る気になれなかった)と枕、そして台湾の家では一般的なタイルっぽい床で足が冷たかったので、スリッパを最低限そろえないと生活ができませんでした。

ということで、これらを買うために店をいろいろと行ったり来たりすることになりました。

 

中国語もできず、ちょっとこのあたりの地域では高めの部屋を借りてしまったので余分な出費を抑えたいという思いもあって、できるだけ安いベッドカバーを探すためにバスやyoubike乗りまくって、結局はそこら辺の店で買った方が安かったんじゃないかと思います。笑

 

ですが、今後台湾で部屋を借りて生活を始める方のために少しでも参考になればと思い紹介していきます。

 

私が回ったお店は以下の通りです。

・光南大批發

・家楽福(カルフール)

・台湾大創

・宣家家居(IKEA)

・宜得利家居(ニトリ)

・小北百貨

・無印良品

結果から言うと、私は枕とベッドカバーは家楽福(カルフール)で購入しました!!!

 

ベッドカバー+枕カバーの値段は249NT$(約920円)

これは家楽福(カルフール)の一番安いベッドカバーと枕カバーのセット品で、他にも500NT$くらいまでのいろいろな商品がありました。

正直色は気に入ってないですが(笑)

枕は一番安い物で190NT$(約700円)のものがありましたが、私は竹炭枕229NT$(約850円)を購入しました!

匂い消しや抗菌という字が見えたので、一番安いものから少し浮気しました…

日本では家楽福(カルフール)ってあまり馴染が少ないかもしれませんが、フランスの大手スーパーマーケットで全世界に展開しているそうです!台湾には現在98店舗もある、台湾ではメジャーなスーパーのようです!

日本にも2000年に上陸しましたが経営不振のためイオンに売却されたようです。

 

家楽福(カルフール)は寧夏路夜市や、西門の近くにあるので、夜になると観光で来た外国人がばらまき用のお土産を購入する場所としても有名なようですね!

 

最後まで家楽福(カルフール)と迷ったのが日本でも人気の宣家家居(IKEA)です。

 

宣家家居(IKEA)でもベッドカバーのみで239NT$(約884円)くらいの商品がありましたが、さらに枕カバーを買わないといけないとなると、もう少し値段が高くなってきます….

 

しかし飽きの来ないシンプルなデザインと豊富なカラーバリエーションがあるIKEAで購入しても良かったかもしれないです。

日本より早くIKEAが上陸した台湾では、やはりそのデザイン性の高さからとても人気が高く、ゲストハウスや家を借りる時もわざわざ、「IKEAの家具を使っています」という言葉を目にする事も多かったです。部屋の満足度を高めるためにはIKEAで購入するのもアリです。実際大した額の違いはないので…

 

さらに宣家家居(IKEA)にはなんと69NT$(約250円)の枕が売っていました!!!!

どんな枕でも寝られるという方、サブのクッションが欲しい方にはお薦めです!枕はダントツでこのIKEAの69NT$のものが安かったですよ!!

私はIKEAの500NT$の枕が欲しかったですが…新生活でお金使いすぎて弱気なので、今後枕に満足できなくなったら買おうかなと考えています。

やっぱ500NT$の枕は寝心地良さそうなんですよ…

 

さらに台北のIKEAと同じビルには日本でおなじみのNITORIと無印良品が入っています。

 

2か所ともチェックしましたが、値段的にはカルフールやIKEAよりは全体的にお高めの値段設定でしたし、さらに日本よりも少し高いですね。輸入品なので仕方ないですが….

日本でNITORIや無印良品の製品に愛着ある方には良いかもしれません。わざわざ日本から持ってこなくても、台湾で普通に手に入りますよ!

 

IKEA敦北店とニトリと無印良品は台北小巨蛋駅か、南京復興駅から徒歩で行けます。はすむかいは台北アリーナなので、とてもわかりやすいです。

 

あともう一軒、寧夏夜市の通りにある小北百貨という雑貨屋さんにも安い枕とベッドカバーが売っていました!ただデザインはシンプルというよりは…キャラクターものや柄物でしたね!枕は普通の枕でしたよ。

安かったですが私の趣味ではなかったので購入はやめておきました。

小北百貨とカルフール重慶店の位置関係はこんな感じです。

どちらも中山駅から徒歩圏内です。

光南大批發と台湾大創にはベッドカバーやシーツ、枕カバー、枕などはおいてありませんでした。

 

スリッパ

台湾の家はだいたい白いタイルの冷たい床が多いようで、特に冬は冷たくスリッパは必需品です。日本でお気に入りのものがある方は持参した方が良いかもしれません。

台湾でもスリッパは100NT$くらいから手に入りますが、デザインは…あまりこだわらない方は十分ですね。

では私がスリッパを探した店を紹介します。

・光南大批發

・家楽福(カルフール)

・台湾大創

・宣家家居(IKEA)

・宜得利家居(ニトリ)

・小北百貨

・無印良品

・頂好wellcome

・全聯福利中心

まず結果から言うと、私はニトリでスリッパを購入し、値段は95NT$(約350円)でした!

ローカルの全聯福利中心、頂好wellcome、小北百貨、光南大批發でもスリッパは売っていますが全然可愛くない…というかデザインが気に入るものが無く値段はどこも100~150NT$でした。

だったらもっと自分の気に入るデザインで値段も同じくらいのものをと思ってシーツと一緒に探していました。

結果ニトリのスリッパがセールで95NT$になっていたので購入しました。

 

無印良品にもありましたよ!(ちょっと高かったけど…

でも本当はIKEAのこのスリッパ狙っていたんです。

そしたらなんとIKEAの敦北店にはなく、新莊店にしかないと言われてしまいました…普段からあるのかないのかは不明ですが新莊店は少し遠いので諦め、同じビルにあるニトリさんにお世話になることにしました。

デザインにこだわりが無ければ、住んでいる地域の近くのスーパーで購入するのが一番だと思います!交通費もかからないですしね!

 

*追記

公館にある光南大批發でスリッパ売っていました!確か79NT$!安い!

 

シャワーサンダル

台湾では浴槽付きのお風呂では無くトイレと共同になったシャワーで済ます事が一般的です。そこで必要になってくるのがシャワーサンダル。

シャワーサンダルも全聯福利中心、頂好wellcome、小北百貨、光南大批發などどこでも見かけることができます。一番シンプルなものは近くの名前もわからない雑貨屋で19NT$(約70円)で売っているのをみかけましたが、だいたい70~100NT$(約260~370)くらいで購入可能です。

おすすめは底の部分に穴があいたもので、水はけが良く、シャワーで使った後もトイレに行く時などに足が再び濡れる心配がないので、私もこれが購入したいですが….19NT$の最安値のビーサンみたいなものを購入しました!笑

 

シャンプー&ボディーソープ

これは正直どこが安いとは言い切れないですね。それぞれ使いたいシャンプーの銘柄や質、セールをやっているかどうかによって変わってきます。

私の場合はシャンプーは近所の全聯福利中心でセール品だった台湾製のエッセンシャル 172NT$(約640円)を購入し、ボディーソープはカルフールでGREENという中国メーカー匂いの良い物を購入しました。確か108NT$(約400円)。コンディショナーは私は使ってないのですが、シャンプーと同じような値段で売られています!

 

DaveやTSUBAKI、パンテーンなど大手の日本でも良く見かけるようなメーカーの商品は日本のものも売っていますがおおむね200NT$(約740円)~です。

どうしてもお気に入りのこだわりのシャンプーがあるという方は日本から持ち込んで、あまりこだわりの無い方は台湾でも充分に購入できますよ!

 

洗剤&柔軟剤

こちらもシャンプーやボディーソープと同じでどこが安いとは言い切れないですね。粉の洗濯洗剤なら100NT$、柔軟剤は70NT$くらいから見かけました!

そして日本のものもありますが、やはり割高。こだわりが無い人は現地で中国メーカーのものを購入してつかってみるのも経験だと思います^^

私も使った感想は後々紹介する予定です。

その他

最低限必要なものではないですが、私が台湾での1人暮らしを始める際に購入した品物を簡単に紹介をしていきます。台湾で新生活を始める方の参考になればと思います。

・ウォーターボトル(水筒)

カルフールで購入 79NT$(約290円)

台湾では水道の水は飲めないので、ウオーターサーバーで汲んで生活するかスーパーで購入することになります。水筒があれば、学校にもっていったり、出かける時にもっていったりと、コンビニなどで水を買う必要がなくなります。

学校に限らずいろいろな場所にウォーターサーバーが設置してあるので、水筒を持ち歩くのは台湾人のスタイルだといえます。

 

保温タイプの場合ニトリの水筒が250NTDくらいで一番安かったです!

・ナイフ

カルフールで購入 39NT$(約150円)

台湾はフルーツ王国です!借りた家に台所が無くても、フルーツなら自宅で切って食べたりできます!スーパーではカットフルーツなども売っていますがやはり少し割高。気にならない方はカットフルーツでOKだと思いますが、自分で購入してフルーツをたくさん楽しみたい方はナイフ一本あるといろいろなフルーツをたくさん食べれますよ!

・ふた付き鍋

小北百貨 60NT$(約220円)

台湾の家では調理禁止の事が多いですがインスタントラーメンくらいならOKの場合が多いです。カップラーメンでも良いですが、こちらのラーメンは鍋で茹でる方式ではなく、湯を入れて蓋をして待つ方式のいわゆるチキンラーメンみたいな方式のものが多いので、ふた付き鍋があるとカップラーメンより節約してインスタントラーメンが食べれます!

・箸&スプーン

カルフール 箸16NT$(約60円)、スプーン4本入り39NT$(約150円)

鍋と一緒で、部屋で何か食べようと考えている方には必要ですね!安い箸やスプーンはどこでも売っていますが、やはりクオリティーは…箸の先の溝がない!笑

 

政治大学のCLCに入学する場合はマイ箸とスプーンのセットを入学時に貰えるので購入しなくてもOKです!

まとめ

いろいろ回ってみて、家楽福(カルフール)が総合的に一番安い物が手に入りやすいな!と感じました!シーツや家具などはデザインにこだわるならニトリやIKEAもありです!

消費していくものはスーパー(全聯)でもカルフールでもあまり変わりません!セールに左右されている印象でした。しかしカルフールのプライベートブランドの品だとかなり安いものがあるので、台北で家を借りて新生活を始める方はとりあえず家楽福(カルフール)に行ってみるのが良いのではないでしょうか?