女一人旅夜行バス台北から高雄まで移動!車内の様子や所要時間

女一人旅夜行バス台北から高雄まで移動!車内の様子や所要時間

台北から高雄までの移動手段はたくさんありますが、私がおすすめするのは安くて快適なバスでの移動です!

今回は台北から高雄まで夜行バスに女ひとりで乗ってみたのでレポートします。

バスの設備や所要時間について、また台北から高雄までのバス会社の料金も比較します。

台北から高雄まで豪華なバス旅

 

台北から高雄までの移動手段はバス、新幹線、電車の三パターンがあります。まずは三つの所要時間と費用を比較してみましょう。

新幹線 一般1,490元(約5,000円) 約100~120分
在来線 843元(約2,800円) 約5時間
高速バス 470元〜715元(約1,500円〜2,300円) 約5時間

値段で考えるとバスが断然オトクなのがわかります。

 

時間に余裕がない旅の場合は新幹線の所要時間の二時間は大変魅力的ですが、時間に余裕があればバス一択だと思います。

 

台北高雄間主要バス四社

國光客運 全票530元(約1,700円)、優惠票が470元(約1,500円)
統聯客運(Ubus) 全票530元(約1,700円)、優惠票が470元(約1,500円)
阿羅哈客運 715元(約2,300円)
和欣客運 710元(約2,300円)

以上の4社が台湾の主なバス会社です。少しお得なのが國光客運と統聯客運(Ubus)で、少しお高めですが豪華なシートで有名なのが阿羅哈客運と和欣客運です。

 

2つの差も1000円ほどなので、それで二列シートになるなら、二列選んじゃいますよね。

ちなみに三列シートも乗ったことありますが三列も充分快適でした!!

 

どのバス会社を選んでも、学割がある場合があるので、台湾で留学中の方、日本の大学生でも国際学生証などがあれば割引されますので忘れずに見せてください。

 

実際台湾人も台北から高雄や台南、台中に行く場合はバスの移動をする人がとても多いです!!その理由はバスのクオリティー見たら納得できました。

 

めっちゃ豪華じゃん、二列バス!!!

 

そうなんです、バス、二列で、めっちゃ豪華で夜行だったら確実に寝れます!笑
日本は分離式の三列シートはありますが、二列シートって無いですよね。

さてこのバスに乗るにはどうするのか?場所や費用、きっぷの買い方などを紹介していきます。

 

台北から地方行きのバス停は台北轉運站

 

台北から地方に行くためには台北駅の隣(地下でつながってます)にある台北轉運站というバスターミナルに行きます。地下でもこのように案内が出てくるので案内に従えばok

 

外から歩いて来る場合はこのような外観です。高速道路の高架沿いにあります。
中山駅からも徒歩で10分ほどの距離です。

4階建てのターミナルで、行き先ごとにフロアが別れていますが、まずは建物に入ったら一回でチケットを購入します。

 

掲示板の行き先がころころ変わりますが、乗りたいバス会社のカウンターに行けばOK.

 

和欣バスの場合は日本語対応した自動券売機もありました。

今回私は阿羅哈バスに乗ることにしたのでカウンターに行きます。

 

カウンターのお姉さんが紙とペンを用意しているので、例えば日にちを跨いだ翌日の何時とか、ちょっと込み入った話の場合は紙で書いて確認し合います。

 

日本語できる担当は流石に稀だと思いますが日本人は漢字があるので、漢字で行き先や時間などを書いた紙やスマホのメモを見せると買いやすいと思います。

 

この時に学生証があれば見せてください。

チケットはこのような感じになります。学割で65元お得になってます、元の値段は730元でした!

搭乗時間やゲートなどは飛行機と同じような方式で確認してもらえます。

 

高雄は行きのバスは4階です。四階はこんな感じ。

 

バス会社ごとに大きな文字が書いてあるので迷うことはまず無いでしょう。

 

だいたい出発の10~5分くらい前に搭乗が始まります。英語の案内も流れてますが心配な人はゲートが見える場所にすわっておけば安心です。呼ばれてから発車まですぐだったし、しっかり定時発車していたので、15分前くらいからまっていたほうが安全そうです。

 

またターミナルは24時間バスの発着があるので常に人がいるので比較的怖くはないですが、深夜など明らかに浮浪者の方もいますので、荷物で席取りするなどは絶対に辞めましょう。

 

あとターミナル内の大体のお店は夜23時くらいには閉店していました。薬局とコンビニは24時間営業のようです。最低限の食料や水はターミナルの1階で確保することができます。

さてバスの中です、深夜一時発だったので車内が暗くて、ろくな写真が取れませんでした。

ただ、いろいろなブログで書かれていた水とおしぼりのサービスはなくなっていました!!

 

しかし噂通りの豪華なシートで、テレビ、充電用のコンセント、ブランケットもありました。

 

私は160センチ弱普通体型ですけが、シート大きすぎて超快適!ただどこかでかかれてたほとんどフラットになれるって言うのはちょっと言い過ぎでしたね。こんな感じです。

ただ横幅も広くて、座席も高いのでベッドに寝そべってる気持ちではありました。もちろん寝返りもできます。もちろん椅子の関係でうつ伏せでは寝れないですけどww

 

脇に貴重品カバンをおいてブランケット掛けちゃえばかなり安全なんじゃないかな?と感じます。

 

写真は撮って無いですが車内にはトイレもあるので、サービスエリアなどには寄り道しません。

 

パソコンなどで仕事をしたい場合は窓側の椅子の肘置きの蓋を開けるとテーブルがあります。パソコンはちょっと不安定かもしれませんが、一応使うことができそうです。

 

所要時間は?

これが最大の誤算でした!

いろいろなサイトで所要時間5時間と書かれていましたが、なんと約四時間ほどで着いてしまいました。

 

一時出発だったので5時頃に高雄の駅に到着…

まだ暗いし、寒いしで大変です。

さすがの高雄も1月の朝方は寒いです。tシャツともこもこパーカーだけではキツかったです!

 

深夜に移動する便は一時間ほど移動時間が減るという可能性があります!!!

 

実際思わぬ時間に着いてしまうこともあります。当然昼間などは時間によっては5時間でつかないこともあるようです。

時間の予定が思い通りにいかないのもバス旅って感じです。

まとめ

深夜の所要時間については予定外の点もありましたが私は台北から高雄への移動にバスを選択して良かったです!多分今後もバスを選択すると思います。ほんとに日本の4列夜行バスに比べるとかなり快適です。

女性一人ということでちょっと不安かもしれませんが、全くそんな事はなかったです。ただこれは一緒に乗る客にもよるので絶対という保証はできません。

 

自分で出来る防衛策を取っておけば過剰に心配するような事は無いと思います。他のアジアのバスに比べれば台湾のバスはかなり快適で安全で、日本と同じような感覚で大丈夫です。

ぜひ節約旅の方はバスで移動してみては?