ローソンLチキ「台湾唐揚げ味」がちゃんと台湾の雞排だった

ローソンLチキ「台湾唐揚げ味」がちゃんと台湾の雞排だった

2019年11月26日、ローソンから発売されたLチキ 台湾唐揚げ味(税込248円)が発売されました。

ん?ローソン?台湾に無いじゃん…..

これはローソンの台湾進出狙いか?

と余計な事も考えつつ、台湾から揚げ味のLチキを食べてみました!

台湾の雞排(ジーパイ)って何?

台湾では「邪悪な国民美食」と呼ばれている雞排(ジーパイ)。日本人から馴染あるもので言えば骨付きから揚げ、わかりやすく言えばケン●ッキーのようなイメージです。

皮はサクサクで食べ始めると止まらないのがその名前の由来で、五香粉スパイスと言われる中華圏でおなじみのスターアニスやクローブ、花椒などがミックスされたスパイスで味付けされています。

大きさは片手より大きいサイズで、人の顔ぐらいの大きさのものもあります。厚み自体は薄かったり、骨付きなので実際に食べる部分は少なくなりますが、小食の方ならジーパイ1個でお腹いっぱいになることも。

Lチキ台湾唐揚げ味は台湾の雞排?

では本題のローソンのLチキ台湾から揚げ味は台湾の雞排(ジーパイ)を再現で来てるのか!?

早速ローソンに行ってみました。カウンターで写真を撮る恥ずかしさを押さえつつ、その姿をじっくり観察してみます。

台湾で食べた雞排(ジーパイ)に比べ若干小さく、厚みも少し厚い印象です。

が、隣のチキンに比べたら大きさもボリュームもありそう。

とにかく食べて見ないと分からないので実際に購入してみました。

手に取って見ると重みもしっかりあって、台湾の雞排(ジーパイ)を思い出します。

匂いも雞排(ジーパイ)ほど五香粉スパイスの匂いがする訳ではないですが、普段のLチキに比べるとかなりスパイシーな匂いが!

ああ、、、台湾不足してる自分には我慢しきれない、この匂い!!

 

 

肉はLチキ。

日本のコンビニの揚げ物系のお肉。台湾の雞排(ジーパイ)とは食感が違う、が!

 

五香粉のあの匂いが完全に台湾を再現している!!!!

 

「目を閉じれば台湾」ほどではなくても、台湾にいた事を思い出せる味。

台湾で一般的な五香粉の匂いだけで台湾を思い出せる単純脳だし、日本で売ってるものの中でタピオカの次くらいに台湾をおもいだせそうです。3000里彼方に…笑

 

Lチキ台湾唐揚げ味お値段的にもお得?

台湾の「邪悪な国民美食」雞排(ジーパイ)はお買い得なのか!?

個人的にはかなりお買い得です。まず本場台湾で雞排(ジーパイ)を食べようと思ったら飛行機代などかかるのは置いておいても、雞排(ジーパイ)は台湾だと70~100元くらいがほとんどで日本円にすると250円ほどです。

 

ここで思い出して欲しのはローソンLチキ台湾味のお値段、248円!(税別)

 

税込みでも273円。

 

あれ?これってかなりお買い得なんじゃない!?

 

値段的にも台湾と同じくらいで、台湾をほのかに感じられる味。

これはお買い得だな!と感じました

まとめ

ローソンLチキ台湾味は台湾好きや台湾に縁のある方は一度試してみて欲しいという評価でした!周りの台湾関係の方からも、悪い評価はほとんど無いので、このブログの主な読者である台湾在住の方は是非雞排(ジーパイ)が日本風味にされるとこんな感じかーと体験して欲しいですし、これから台湾に行く方や留学などの長期滞在を予定されている方は、台湾行くとご飯はだいたいこの五香粉の風味がするので、ご飯が自分に合うかどうかの基準になるのでは?と思います。